治療実績のある病院でAGAを治す

男性型脱毛症、AGAという症状が注目を集めています。
脱毛症状の一種として知られている症状ですが、しっかりとした治療を進めていけば、症状を改善させることは難しくありません。

ただし、医療機関を受診するタイミングが遅れてしまうと、なかなか改善しなくなってしまうため、注意しなければなりません。

aga 病院

AGAの治療は、さまざまなクリニックで受けることができます。しかし、AGAの治療を専門的に行っていないクリニックで治療を受けてしまうと、スムーズに治療を進めることはできないものです。AGA専門外来が増えているので、専門外来を探して受診する必要があります。

AGA専門外来の医師は、AGAの効果的な治療方法を熟知していて、患者の1人1人に合わせた処理を行うことができます。同じAGAの症状でも、進行具合は人それぞれで異なるため、適切な処理を考えなければならないのです。経験豊富な医師の治療を受けることができると、短期間で薄毛の悩みから開放されます。

AGAを治療する薬の種類と効果

AGAとは男性型脱毛症の略で、主な原因は男性ホルモンの増加による育毛サイクルの乱れや、食生活や生活習慣の乱れが引き起こす脱毛症状のことです。

このAGAを改善させるための育毛シャンプーや育毛剤などもありますが、一番効果があると言われているのが専門病院や皮膚科で処方される服用タイプのものや、頭皮に直接塗るタイプのものもあります。

●「フィナステリド(プロペシア)」
飲むタイプの育毛剤として世界的にも支持されており、1日1錠服用するタイプの薬です。フィナステリドは服用することによって男性ホルモンが抑えられ、正常な育毛サイクル戻すことで髪の成長が促進され、抜け毛が減り髪は太くなっていきます。

●「ミノキシジル」
ミノキシジルは、有名な育毛剤にも配合されているので、名前を知っている方も多い成分です。元々高血圧を改善させるために作られたもので、発毛は副作用で得られた効果だったのですが、現在では育毛剤として多く利用されています。血流が改善されるので、頭皮の毛細血管の働きが活発化し発毛に効果を発揮します。

どちらも医師からの処方箋で入手できますが、現在では個人輸入でも購入することができます。